マニュアル

9.プロキシ環境への導入

Zabbixプロキシ環境へのインストール

Job Arrangerは、Zabbixプロキシを利用した環境での導入も可能です。導入方法を紹介します。
Zabbixプロキシのインストール済が前提で、Job ArrangerのインストールはJob Serverのインストール後、以下になります。

MySQLデータベースでのインストール例

PostgreSQLデータベースでのインストール例

Zabbixプロキシ利用無と利用有の場合の導入相違点

項目 Zabbixプロキシ利用無 Zabbixプロキシ利用有
管理対象サーバ Zabbix登録ホスト Zabbixプロキシ経由で監視するホスト
データベース構成 ZabbixのDBにJob Arrangerテーブル群をアドオン Job Arranger専用のDB
※ZabbixとZabbixProxyのDBを外部参照DBとし、Job Arrangerで必要なテーブル群を外部データとして使用
外部データ利用方法 無し ●MySQL, MariaDB:Federatedエンジン使用
●PostgresSQL:外部データラッパー(FDW)使用

導入構成の概念図

image-1

留意事項

Zabbixサーバとプロキシ間のデータ取得頻度は設定によります(詳細はZabbixのドキュメント参照)。Job ArrangerDBの外部参照データ反映もそれに準じます。


-->

Job Arranger マニュアル