マニュアル

Job Agent(Linux版):アンインストール

Job Agent:Linux版/ソースコード

  1. サービスの停止を行います。
    # /etc/init.d/jobarg-agentd stop
    
  2. Job Agentのアンインストールを行います。
    # cd /usr/local/src/jobarranger-*.*.*
    # make uninstall
    
  3. スタートアップシェルの削除を行います。
    # cd /etc/init.d
    # rm –f jobarg-agentd
    
  4. ソースコードディレクトリの削除を行います。
    # cd /usr/local/src
    # rm –rf jobarranger-*.*.*
    

Job Agent:Linux版/RPM

  1. サービスの停止を行います。
    # /etc/init.d/jobarg-server stop
    # /etc/init.d/jobarg-agentd stop
    
  2. Job Agentのアンインストールを行います。
    # cd <rpmをダウンロードしたディレクトリ>
    # rpm –e jobarranger-agentd
    

Job Agent(Windows版):アンインストール

※以下に示す手順はWindows Server 2008 の例となります。

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」-「管理ツール」-「サービス」でサービスコンソールを開きます。
  2. サービス一覧の中から[Job Arranger Agent]を右クリックし、「停止」をクリックします。 image-1

    クリックで拡大

  3. 「スタート」→「コントロールパネル」-「プログラムと機能」でインストール済みプログラム一覧を開きます。
  4. 「Job Arranger Agent」を選択し、「アンインストール」ボタンを押下します。 image-2

    クリックで拡大

  5. 下記の画面が表示されますので、「はい」ボタンを押下します。 アンインストール確認画面
-->

Job Arranger マニュアル