マニュアル

ver 6.0.0⇒6.1.0

バージョン6.0.0から6.1.0へのアップグレード手順です。

Job Arranger Server

設定ファイル(Configuration File)をバックアップします。

1. サービスの停止を行います。

# systemctl stop jobarg-server

2. Job Monitor(オプション)を使用している場合は以下のサービスも停止します。

# systemctl stop jobarg-monitor

3. データベースと設定ファイル(jobarg_server.conf)のバックアップを行います。

4. 現行バージョンのJob Serverをアンインストールします。

# rpm -e jobarranger-server-
5. 新バージョンのJob Serverをインストールします。
# rpm -ivh jobarranger-server--6.1.x-*.<各OS名>.<アーキテクチャ>.rpm

6. バックアップした設定ファイルから、設定してあった内容を初期のjobarg_server.confファイルに記載しますします。パラメータについては「jobarg_server.confの設定」を参照ください。

7. データベースの情報を更新します.

MySQL

# cd /usr/share/doc/jobarranger-server-mysql/database/upgrade/mysql/
# mysql -u DBユーザ -pパスワード zabbixデータベース名 < MySQL_JA_UPGRADE_TABLE-6.0.0-6.1.0.sql

PostgreSQL

# cd /usr/share/doc/jobarranger-server-postgresql/database/upgrade/PostgreSQL/
# psql -U DBユーザ zabbixデータベース名 < PostgreSQL_JA_UPGRADE_TABLE-6.0.0-6.1.0.sql

8. 自動起動をONにします。

# systemctl enable jobarg-server
# systemctl enable jobarg-monitor
※アップグレード後のsystemctlコマンド実行時 ”Unit jobarg-agentd.service could not be found.” が発生する場合があります。その時は以下を実行してください。
# systemctl daemon-reload 

9. jobarg-server(jobarg-monitorがある場合それも)を起動させます。

# systemctl start jobarg-server
# systemctl start jobarg-monitor

Job Arranger Agent(Linux)

1. サービスの停止を行います。

# systemctl stop jobarg-agentd

2. 設定ファイル(jobarg_agentd.conf)をバックアップします。

3. 現行バージョンのJob Agentをアンインストールします。

# rpm -e jobarranger-agentd

4. 新バージョンのJob Agentをインストールします。

# cd 
# rpm -ivh jobarranger-agentd-6.1.x<各OS名>.<アーキテクチャ>.rpm

5. インストールされた設定ファイルに、バックアップした設定ファイルより設定値を転記します。

6. 自動起動をONにします。

# systemctl enable jobarg-agentd

7. jobarg-agentdを起動させます。

# systemctl start jobarg-agentd

Job Arranger Agent(Windows)

1. 設定ファイルをバックアップします。

  C:\Program Files\Job Arranger\Job Arranger Agent\conf\jobarg_agentd.conf

2. アンインストール手順によりサービスの停止と旧バージョンのJob Agentをアンインストールします。

3. インストール手順により新バージョンのJob Agentをインストールします。

4. インストールされた設定ファイルに、バックアップした設定ファイルより設定値を転記します。

5. サービスの開始を行います。

   「スタート」→「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」
   サービス一覧から[Job Arranger Agent]を開始

Job Arranger Manager

Version 6.1より、Job Arranger Managerは、クライアントアプリケーションではなく、ブラウザを使用したWebアプリケーションに変更になりました。

従いまして、クライアントアプリケーションをアップグレードする事はできません。

Version 6.1のインストールマニュアルを参照してください

-->

Job Arranger マニュアル